about

水素とは?

そもそも水素ってなに?

実は、私たちの暮らしの周りには水素が数多く存在しています。 水素(H2)はもともと気体ですが、 酸素(O2)と結びつくことにより水(H2O)として存在しています。 水素がないと生命の源である水や海や川、水道水、なども存在していません。 私たちが飲んだり、浴びたりと生活には欠かせない水は、水素が素となっています。
また、水素は宇宙一小さい分子なので、ありとあらゆる細胞の中まで入っていくことができます。 目に見えない、無味無臭、そんな水素を身体の中に取り入れるとどうなるでしょうか?

なぜ『水素』がカラダにいいと言われているの?

① 悪玉活性酸素の中和・除去

人間は、体内で発生する悪玉活性酸素により酸化します。
人間が酸化すると、りんごやバナナが腐ったり、鉄や釘が錆びるように老化や病気になります。
水素は、この老化や病気の原因である悪玉活性酸素と結びつく働きがあり、
カラダの隅々まで浸透することで悪玉活性酸素を除去し、
酸化を防いでくれる、つまり老化や病気の原因を根本から防ぐ働きがあります。
水素を身体の中に取り入れると、溜まった悪玉活性酸素とどうなるでしょう?

● 水素+悪玉活性酸素=水 ●
水は水素(H2)と酸素(O2)でできているように、
身体の中の悪玉活性酸素と水素は結びつき、無害の水に変わるのです。
これが水素がカラダにいいと言われる理由で究極のアンチエイジングとも言われています。
無害の水に変わった悪玉活性酸素は、やがて汗や尿として体外へ排出されます。
副作用もなく、身体の中で悪玉活性酸素と結びつかなかった水素は呼気として排出されます。

② 毛細血管の再生・血流の改善

当サロンが導入をしている水素吸入機器のドクター水素ボトルでの水素吸入は、
体内の血管の99%を占める毛細血管の活性化、血流の改善を第三者機関の検査により実証しています。
毛細血管は健康と美容にとって欠かせない血液という栄養を流す道路ですが、
悪玉活性酸素による酸化により、年々途絶、消滅していきます。
20歳のピーク時には1人で約10万km、地球2周半分の距離を持っていますが、
60歳になると半分になると言われています。
つまり、年齢と共に少なくともカラダから地球1周分の血管が無くなるということです。
これが進むと老化と病気の元となり、不調の原因となります。
水素吸入はそんな老化の元である悪玉活性酸素を除去するだけではなく、
健康には必要不可欠な毛細血管も元気にする効果が期待できます。

吸入前
水素吸入30分後

③ 無害

水素は悪玉活性酸素のみを除去して、水に変換されるため極めて安全です。 善玉活性酸素には反応しないため副作用はありません。 身体の中で悪玉活性酸素と結びつかなかった水素は呼気や皮膚を通して排出されます。

水素の取り入れ方

水素を取り入れる方法は主に、水素水、水素風呂、水素吸入、水素サプリメントなどの方法があります。
それぞれの取り入れ方の特徴とは?

水素水

・手軽・喉、口腔内等水が直接触れる箇所への効果期待できる
・水に溶ける水素量は上限がある(濃度低い場合がある)
・水素が抜けやすい

水素ガス吸入

・高濃度の水素を取り入れられる
・呼吸から効率的に水素体内に取り入れられる
・医療でも認められている

水素浴

・皮膚表面、髪などに効果的
・子供、ペットにも◎

水素サプリメント

・手軽
・体内で水素が発生するので効率的に水素取り入れられる(水素が逃げない)
・その他の成分も取り入れられる

水素を効率的に取り入れるうえでは「濃度」が最も大切です。

水素を取り入れる方法の中で
最も濃度が高く体内に取り入れられるのが、"水素吸入"です。

水素吸入の特徴

Point.01

効率的に水素を取り入れられる

水素水や水素サプリメントなどの水素製品がありますが、水素ガスで吸入することで高濃度の水素を効率的に体内に取り入れられます。また、水素ガスの吸入は医療現場でも認められています。

Point.02

血流改善により身体の不調を癒す

水素には血流の滞った血管「ゴースト血管」を復活させる作用があり、リラックス効果、髪や肌への影響、ストレスの解消など様々な身体の不調への効果が期待できます。

Point.03

副作用はありません

水素は最も強力な酸化力を持つ「悪玉」活性酸素と反応して無毒化し、「善玉」活性酸素には反応しないため、水素には副作用がありません。

水素吸入による血流の変化

導入希望店舗・販売店様募集中

contact US